アシナガバチの巣を駆除|依頼件数のナンバーワンの業者でハチ退治

まずは生態を知ろう

ハチ

細身で小型であるスリムボディが魅力のアシナガバチは、スズメバチに比べ内向的な性格を持っています。アシナガバチの巣に大きな打撃を与えなければ、基本なにもしてきません。また、興味本位で巣に近づいたり、触ったりしなければ問題はないでしょう。特長は、スズメバチよりも毒が薄い点でしょうか。ただ、アナフィラキシーショックで死に至る可能性が高いため、アシナガバチの巣を発見した場合は、速やかに駆除を依頼していきましょう。尚、刺された痛みはスズメバチの数倍と言われており、激痛が伴うと言われています。ですから、刺されないためにも早急に駆除を行なう必要が出てくるのです。

アシナガバチの巣は、スズメバチに比べかなり小さい方です。また、森の奥に作られるとコンパクトサイズのせいなのか、発見がしづらいといった難点があります。アシナガバチの巣をたまたま見つけたという経験も数多く報告されているため、目の前にあった場合は、無闇に触らず専門業者へ一報を入れましょう。ただ、女王バチが巣作りをしている最中は、特に攻撃を仕掛けることがないとされています。しかし、巣作りが終わり、働き蜂が羽化し始めると、途端に活発化するため注意が必要です。さらに巣の規模がコンパクトサイズから大きくなると女王蜂の変わりに羽化したアシナガバチが行動をするため、攻撃性がより高くなります。大体7月から8月あたりが活動する時期でしょう。繁殖期に入る8月から10月はアシナガバチが最も興奮する時なので、凶暴になる前に駆除をすることが大事です。